明日からがんばる

正しい答えが人生のすべてじゃないでしょう?

☺︎ 岡田さんの誕生日をお祝いするお話

おはようございます。こんにちは。こんばんは。いつも読んで頂いてありがとうございます。

 

本日11/18、奇跡のおじさん集合体、V6の岡田准一さんが37歳のお誕生日を迎えました!!!!!

 

おめでとうございます!!!!!

f:id:y8krt2896:20171118015814j:image

 ワイが超ひらパー兄さんでおま!!

 

ありがとうございます、ありがとうございます。

私の全く使えない記憶力を最大限に使い、彼との出会いを思い起こしましたが全く覚えてません。ごめんなさい。物心ついた時から「このひとはぶいしっくすのおかだくん。」 とインプットされてました、たぶん。

初めて自分の貯めたお金で購入したCDの事だった。夏目漱石を2枚持ってジャスコに行った。どうしよう、どうしようと悩んでいる時にふと、その1枚に目がいった。そのCDは『Feel your breeze』。V6の21枚目のシングルである。

☺︎ 数十年ぶりに沼に戻ったお話① - 明日からがんばる

私はここでV6を認識していると自負しているが、この時代の岡田さんがこちら。(当時22歳)

f:id:y8krt2896:20171118021051j:image

エクステンション。金髪。今はもう拝見できない貴重な髪型ですね。当時(小学生)は「え!男の人でもエクステって付けるんだね!すごいね!」って友達と盛り上がってました。

 そして、昔も今も私の中での岡田准一さんはこちら。(当時21歳)

f:id:y8krt2896:20171118022259j:image

懐古厨もいかがなものかと思ったりしますが、やっぱりこの岡田准一さんは超えられない。私の青春。大好きぶっさん。大好き木更津。死んじゃいやぶっさん。

今、改めて振り返ってみるとジャニーズから離れてた時期も岡田さんは私の周りに時折ぽっと現れる存在だった。親が『SP』にハマった時も『永遠の0』にハマった時も彼は私の前に何の前ぶりもなくぽっと現れた。ぽっと現れてはばっちり存在感を残していくのだ。

周りからはよく「V6って岡田くん以外何してるんだろうね?」という声をこの頃はたくさん聞いた気がする。いや!みんな!お仕事してるだろ!あなたが観てないだけだよ!とよく反論していた。

沼にハマるまで私の岡田さんに対する認知度なんて世間一般とさして変わらなかったと思う。今だってこうして沼にハマってると自分で言っていても私はV6のこともまして岡田さんの事も何も知らないと自信を持って言える。それだけ彼らには、岡田さんには歴史がある。右も左も分からず大阪から上京して、人生の半分以上をこの世界で生きて、今も一線で生き続けてきて本当に素晴らしいという言葉しか出てこない。

 

反抗期と言われていた頃の岡田さんは今の岡田さん自身を見てどう思うのだろう。

 

私は反抗期と言われていた頃の岡田さんを知らない。画面を通しては観ていたと思うけれど、それが反抗期だなんて知る由もなかった。岡田さんは今、V6の一員として日々活躍されている。いろんなことをたくさんたくさん乗り越えてきたんだろうなと無知ながら思う。そして自分がいるべき場所はここだ、と決めて今、メンバー5人のことをとても大切にそしてとても好きでいてくれる岡田さんを本当に本当に尊敬する。

僕を変えてくれた人
優しさを教えてくれた人 (〜此処から〜)

いつまでもいつまでも良い関係の6人でいてほしいです。

 

と、調子に乗って語ってしまいましたが簡単にまとめますと、お誕生日おめでとうございます!って事です!これからもお体に気をつけて適度に鍛えていろんな事にこれからもチャレンジしていってほしいです!森田さんが言っていたようにメンバーの前ではただただ笑ってはしゃいでいてほしいです!よろしくお願いします!

最後に最近の(勝手に私が)好きな岡田さんを一堂に掲載。岡田さん祭り。

f:id:y8krt2896:20171118033125j:image

アニバコン。『Timeless』の森田さんと岡田さんが重なるこの部分リピートしまくるやつ。 

f:id:y8krt2896:20171118032833j:image

次もアニバコン。この下向きの表情が何とも言えない。周りのメッセージシャワーも最高。

f:id:y8krt2896:20171118033803j:image

やっぱりアニバコン。まだ子ども頃の岡田さんに戻ったように見えません!?ここの岡田さん観てると胸がキューンとなって泣きそうになります。

 

f:id:y8krt2896:20171118034304j:image

人のことを奇跡のおじさんたちと連呼してますが、あなたも立派な奇跡のおじさんです。37歳にはとても見えません。出会ってくれて沼にハマらせてくれてありがとう。

☺︎ 生涯初めてWOWOWを契約してみたお話

f:id:y8krt2896:20171116220436j:image

こんばんは!わたくしエリザベス1世で(略)

失礼しました。こんばんは。いつも読んで頂いて、本当にありがとうございます。こちらは先週(11/11放送)のプロファイラーの岡田さんであります。この番組って、岡田さんが素敵なのはもちろんですがとても歴史を学べてすごく楽しい奥深い。

f:id:y8krt2896:20171116222735j:image

こちら本日(11/16放送)の岡田さん。井伊直弼を演じてみたいそうです。演じてくださいお願いします待ってます。

咲きかけし たけき心の ひと房は

散りての後ぞ 世に匂ひける (井伊直弼

昔の人ってこういう文章どうやって考えるんですかね?しかもこんなリズム良く。感嘆。

 

V6さんの沼にはまってからWOWOWが気になって気になってしょうがなかったここ数ヶ月。電化製品だったりケーブルテレビだったりそういう方向のものに全く無知なこともあって今までもこれからも関わる機会はないと思ってました。BSが映らないTVを使っていても何も不思議に思わず、何とかカードの存在も知らなかったやつがここに来てWOWOWでV6のコンサートが観れる!という巷の噂を聞きつけここ数ヶ月調べに調べ気づけば契約していました。今のご時世おそろしい!ネットでポチッとしたらもう観れるんですよ!怖い!恐ろしい!

 

そんなこんなで契約したんですが、まあ映画は観れるしWOWOW制作ドラマは面白いし、ここ最近民放もまともに観ずWOWOWさんに毎日お世話になってます!ありがとうございます!WOWOWさん最高。

11/25がもう今から楽しみすぎて「もう〜い〜くつね〜ると〜」って気持ちで毎日生きてます!本当です!来週ですね!ドキドキです!

モザイクアート発表になりましたね!1枚1枚の写真がどうしたらこうなるんだろうとモザイクアートを見るたびに思います。ジグソーパズルとか途中で飽きるタイプなんでもう尊敬しかない。

 

まったくまとまりのない文章ですが(いつも通り)とりあえず、今WOWOWに入ろうか悩んでる方はぜひ入ってください!よく分かってないんですけど(やばい)、ネットから契約するとお得らしいです!

 

追記

f:id:y8krt2896:20171116234431j:image

今週のアメジパ。岡田さん飛ばしてました。

 

 

☺︎ Hey!Say!JUMPが10周年を迎えたお話

最近、職場の先輩がHey!Say!JUMP沼に陥ったという話で盛り上がった記憶がある。自分にとって彼らは、数あるジャニーズ事務所所属のグループの中で自分の同世代が一帯に集まっている。

特に『Hey!Say!BEST』、つまり年長組とはほぼほぼ同世代であり、彼らを観ながら自分は歳を重ねてきたと言っても過言ではない。

小学生の頃、『Ya-Ya-yah』という番組が毎週日曜日のお昼にやっていた。周りの影響でこの番組を毎週観るようになったが、初めて観た時のことは未だに覚えてる。それは何故か。

『薮宏太』という存在に目が離せなかったからだ。

私は、ジャニーズに所属している方々はみんなキラッキラしているという表現を使うことが多い。それはグループ個人年齢関係なくみんなの目が顔が全てがキラッキラキラッキラ輝いて見えるからである。しかし、中でも「キラキラ度が半端じゃない。眩しすぎて見れない。ごめんなさい。」という人が一定の割合で私の前に現れる。

この番組を観るまでそれに当てはまった人は2人いた。それは滝沢秀明であり、山下智久である。

魔女の条件』を小学生ながらに観たとき(内容はあまり理解出来なかった、とりあえずいけないことなのかもしれないと思う程度だったと思う。)「このキラッキラキラッキラした少年は一体どこのどなたなんだろう。このサラサラヘアーはどうしたら出来るんだろう。」と思い、母に必死に聞いた覚えがある。初めて山下さんを観た時は、滝沢さんと同じイメージを即座に持った。「あ、この人は滝沢さんみたいなオーラがある。」と。

それから数年後、私は『薮宏太』に出会うのである。

当時、薮さんは番組名にもなっている『Ya-Ya-yah』というグループのメンバーとして活動されていた。彼は中心メンバーであり、今ではもう聴けないが(声変わりの影響で)、とても素敵な声で歌い、踊っていた。(もちろん今でも素敵な声とダンスである。)私の同世代は『忍たま乱太郎』で流れる『勇気100%』といったら、彼らYa-Ya-yahが歌っていた頃の世代ではないだろうか。

彼を観た時、私は「あ、この人あのオーラだ。」と思った。この人はきっとこの先たくさんTVに出てたくさん歌って踊ってキラッキラしていくのだろうな、と。

世界がひとつになるまで』を聴いたときは小学生ながらに「こんなに良い歌がこの世にあるのか。」と思ったし、MDプレーヤー(もはや死語?)に入れて毎日聴いていた。

まぶしい陽ざしが君の名前を呼ぶ

この歌詞を見ただけで、薮さんが歌っていた当時を思い出すことが出来る。

そんなに自分と年齢の変わらない人たちがTVに出てキラッキラさせながら歌い踊っている姿にとにかくワクワクドキドキしていた。

 しかし、現実は私の思っている様にはなってくれなかった。

 

今日、2017/11/14で彼ら『Hey!Say!JUMP』はデビュー10周年を迎える。

 

10年前、彼らのデビューを知ったとき、同世代のjrがデビューするという嬉しさと楽しみと同時に、「Ya-Ya-yahはどうなるんだろう。」という気持ちがこみあげた。それは、私だけが思ったことではないのかもしれない。私の大好きだった彼らはどうなってしまうのだろう、と。キラッキラした薮さんはどこに行ってしまうのだろう、と。

そんなことを思いながらも、当時私はジャニーズからほとんど離れていた。大好きだった赤西さんが遠くへ旅立ってしまい、自分の気持ちも同じように遠くへ旅立ってしまっていた。 リリースする曲は聴いていたし、Mステに出演していれば観たりもした。その時はいつも「彼らはどんな気持ちでいるんだろう。」といつも思っていた。

Ya-Ya-yahとして頑張っていた彼ら。J.J.Expressとして頑張っていた彼ら。選ばれなかった彼ら。後輩グループのデビューを見ていた彼ら。

(ここに当てはまる)彼らは当時どんな気持ちだったのだろう。

 

最近、彼らのことをまじまじと考える機会があった。それは『Give Me Love』という彼らの18thシングルが私の頭にスポッとハマったからである。この曲を通して私は、デビュー当時から長い年月を経て彼らのことをまた知ろうと思えたのである。

そこには私の知らない彼らがいた。子猫の様にキラッキラしていた山田さんや中島さんや知念さんや岡本さんはいなかった。背が伸びそれぞれが声変わりをし、上手くはいえないが何かこうしっかりとした意思を持ったかっこいい男性になっていた。

先輩のバックで一生懸命躍り、いつかは自分たちもと思っていた高木さんや伊野尾さんや有岡さんはいなかった。自分たちが輝いてるという主張をバリバリ出している彼らがそこにはいた。

 2人で一世を風靡するかの様な、飛ぶ鳥を落とす勢いを持ちながら『Ya-Ya-yah』として活動していた薮さんや八乙女さんはいなかった。『Hey!Say!JUMP』の一員としてたくさんの想いを背負ってキラキラさせながら歌い踊っている2人がいた。

 

そして、薮さんは変わらずオーラを放っていた。

 

私は彼らのことなんて微塵も知らない。今、だらだらと呟いたことは全て私の主観によるものである。彼らがどんな気持ちで今日という日を迎えたかも分からない。正直言えば、彼らを主に応援させて頂いたこともない。これも主観によるものであるが、きっとたくさんの苦労と努力があったと思う。もちろん嬉しいことや楽しいこともあったはずである、しかし悲しいことや辛いことだってそりゃ人生なんだからあったと思う。そういったことを乗り越えて、今日という日を迎えた彼らを心から尊敬したいし、彼らのこれからの成長と発展を心の底から願っている。

 

Hey!Say!JUMP、デビュー10周年おめでとうございます!!!!!

f:id:y8krt2896:20171115002237j:image

 

☺︎ 木更津キャッツアイを全力で推してみるお話

おはようございます。こんにちは。こんばんは。全力で推すシリーズ。いつからシリーズ化したのかは分かりませんが(そもそもこれでまだ2回目)今回もやっていきたいと思います。

今回全力で推していくのはタイトルにもある通り。みんな大好き!(?)『木更津キャッツアイ』についてです! 

木更津キャッツアイ 5巻BOX [DVD]

木更津キャッツアイ 5巻BOX [DVD]

 

2002年1月期のTBS金曜ドラマ枠で放送。この時代の金曜ドラマ枠は『ストロベリー・オンザショートケーキ』 とか『池袋ウエストゲートパーク』とか『Stand up‼︎』とか『ケイゾク』とか『タイガー&ドラゴン』とかもう何かとりあえず最高でした。当時小学生でしたが、この枠は本当好きで母に「早く寝なさい!もう11時でしょ!」と怒られながら毎週見てました。

木更津キャッツアイ』の概要についてはみなさんご存知だと思うので省きますが(打つのが面倒なんて言わない。)、岡田さん演じるぶっさんと仲間4人(まとめすぎ。)のくだらない毎日をお送りするドラマです。(まとめすぎ。2回目。)

『櫻井・有吉THE 夜会』(2016年12月8日放送分)でも語られてますが、このドラマあまり視聴率が良くなくて。夜中の再放送の方が視聴率良かった時もあったりして。ただ好きな人は本当に好きな作品で、それもあって後の映画化を呼ぶのですが。

この番組(夜会)では、櫻井さんと岡田さんのサシ飲みというまあ本当にヲタが発狂するような贅沢な企画があるのですがそこで櫻井さんからはキャッツアイの位置づけについて岡田さんに質問している場面があります。

木更津キャッツアイがあって人生変わった。(岡田さん)

この仕事楽しいなと思ったきっかけだった。

(櫻井さん)

お互いがお互いに思い入れがある作品。そんな作品を当時見ていた私はぶっさんの掛け声に合わせて「にゃ〜っ!にゃ〜っ!」ととりあえず叫んでたしぶっさんが死にそうになった時は「死なないでぶっさん!(泣)ここで生き返るのがドラマでしょ!クドカン!ふざけんな!(怒)」とか思ってたし、やっさいもっさい完コピしてたし、この間久しぶりに日本シリーズ観たんですけど『赤い橋の伝説』未だに歌えたし、自分にとっても思い入れのある作品の一つです。自分はけっこう第一印象がいつまでもいつまでも残るタチなんですけど、私の中の岡田准一櫻井翔の第一印象はいつまでもこの時なんですよね。この時代の岡田さんと櫻井さんは永遠。

f:id:y8krt2896:20171112194540j:image

この画像が素敵すぎません!?(当時、携帯の待ち受け画面に設定してた。)だいたい「最低で最高の夏」ってこんな合いすぎるキャッチコピー出てきます!?どなたです!?考えた人は!?この画像見てるだけでご飯100杯ぐらいいけるんですけど!?

何だか良く分からないけどこの画像って胸がキューンとなるんですよね。キューンと。キューンとして泣きそうになる。

この頃はジャニーズに小栗旬成宮寛貴塚本高史佐藤隆太岡田義徳が出てれば最強無敵だと思っていた。

 ☺︎ 数十年ぶりに沼に戻ったお話② - 明日からがんばる

完全なる受け売り。だけどそれぐらい印象が強いし、逆に言えばこの人たちが出てたからおもしろおかしく時に泣きながら見れたんだと思う。

そんな思い出のたくさんつまった『木更津キャッツアイ』。ここまでじゃ何が良いのか全然分からないというそこのあなた。こっからが本番です!(遅い。)

 

  • とりあえずキャラがみんな濃い

いきなり余命半年と言われるぶっさん(岡田准一)から始まり、イケメンなのに何か残念なバンビ(櫻井翔)、ニート最高ギャンブル最高みんなに名前覚えてもらえないアニ(塚本高史)、子どものオムツ買ったり義理のお姉さんのお世話してあげたのに結局家族に逃げられちゃうマスター(佐藤隆太)、本当は一つ先輩なのに留年していきなり現れいきなり消え最後には自衛隊入っちゃうウッチー(岡田義徳)、「朝だよ〜!」ととりあえず叫んでるオジー(古田新太)、みんなのアイドルもー子(酒井若菜)、生徒の殺すリスト作ってお弁当にザリガニ入れちゃったりヒッキーになったり最後は木更津市長になっちゃう美礼先生(薬師丸ひろ子)、嘘をつくとすぐねずみ顔になるねずみじゃなくて猫田(阿部サダヲ)、ヤクザなのに超ビビりな山口先輩(山口智充)、氣志團全員産んで最後にはハンバーグカレー作るローズ姉さん(森下愛子)、ぶっさんを心配するあまりにものまね教室に通っちゃうぶっさんのお父さん(小日向文世)と兎に角出てる人みんなキャラがぶっ飛んでます。どうです?観たくなってきたでしょ?

 

  • ドラマ(映画)の構成がおもしろい

 ドラマ(映画)の構成が野球になぞらえて一回表/一回裏と二部構成になっています。一回表で張り巡らされた(?)伏線を裏で超高速巻き戻しで回収していきます。結局いつも9回では終わらず、延長に突入します。これがまあ見事に噛み合わさってると思います。当時の自分は何が伏線だったのか分からなかったけど。改めて見直すとあーなるほどとなるので、やっぱり張り巡らされ方は上手いんだと思う。

 

  • 怪盗団のはずが結局何してるか分からない

野球チームは「木更津キャッツ」だが、怪盗団になると「木更津キャッツアイ」になる彼ら。怪盗団というだけあってまあお金とかお宝とか盗んだり、ニセ札使って儲けようとしたりするんですけど、結局盗んだお金を野球道具にして母校に送ったり、なんだかんだ良いことばっかりしてるんですよね。後は無人島行って蟹ばっか食べたり蟹アレルギー治したり。(ぶっさんは蟹アレルギーの設定) 結局最後は野球したり。人情に弱いんですよね、このドラマ(映画)。

 

  • とりあえず、みんな、くっそかっこいい。泣く。

これは、まあ、言葉の通りなんですけど。ぶっさんが公助(ぶっさんのお父さん)のために髪型をまとめたノートを死ぬまでに作ろうとしたり日本シリーズ(映画一作目)の最後、『赤い橋の伝説』 歌うところとか、その後ユンソナにぶっさんが告白するところとか(ここの岡田さん、とりあえず、観てください)、当時地元に映画館がなく電車で30分かけて映画館のある街まで友達数人で観に行ったんですけど、一人で泣きすぎて友達全員に引かれたり。ワールドシリーズ(映画二作目)では公助にだけ蘇ったぶっさんが見えないところとか、公助とぶっさんのお別れのシーンとかギャグ線強めなドラマなはずなのに何故かハンカチが手放せない。クドカンさん、連ドラの時散々怒ってた小学生の私を許してください。そしてこの時代の岡田さんのビジュアル。ぶっさんというキャラクターを全身全力で演じる岡田准一である。今となってはもう見れない。(もちろん良い意味で。)そんな岡田さんがこの作品では拝めるのだ。

公助、エロ本さ、あそこに隠しとくからさ 。(ドラマ9話目)

こんなどこが泣けるんだというセリフにも大号泣する。

俺ら3人、ぶっさんにちゃんとばいばい言ってねえじゃん。(ワールドシリーズ

このドラマ、名言だらけです。クドカンさん、ありがとう。

 

  • 最後にぶっさんは死ぬ。助からない。

これは大々的なネタバレになってしまうのだが、結局ラストでぶっさんは亡くなってしまう。それがこのドラマのミソな部分だと思う。奇跡的に助かりました!というドラマでよくあるパターンは起きない。どんなに楽しくてもどんなに笑い転げてもどんなにギャグ線が強くてもどんなにぶっさんがかっこよくてもぶっさんが死ぬという事実は絶対にやって来るのだ。合間合間でその事実を観せてくるのだ。どんなに私がクドカンに「ぶっさん死なせないで!!!!!ふざけんな!クドカン!」と叫んでも結局ぶっさんは助からなかった。その空気が、何気ない日々が普通に生きることが一番大切で一番楽しいということを気づかせてくれるのだ。だって人間、いつ死ぬかなんて分からないのだから。要は、木更津キャッツアイ最高。なのである。(語彙力)

f:id:y8krt2896:20171113011850j:image

ちょっとビターな唇泥棒!木更津キャッツアイ!ニャ〜ッ!

 

結局、まったくもって上手く伝えられなかったがドラマ〜映画までの大まかなストーリーはお伝え出来たと思う。(本当に?)観たくて観たくて気になって気になって仕方がないというそこのあなた!今すぐレンタルビデオ店に全力疾走してきてください!全シリーズレンタル出来ますよから!後、『木更津キャッツアイのテーマ』『赤い橋の伝説』と『シーサイド・ばいばい』と『A Day in Our Life』も絶対聴いて下さいね!感想待ってます!!!!!

f:id:y8krt2896:20171112221234j:image

 

 

☺︎ 濱田岳くんを全力で推してみるお話

どうも、みなさん。おはようございます。こんにちは。こんばんは。今日はジャニーズから少し、離れまして。私の大好きな大好きな俳優さんを全力で推す話をお伝えしたいと思います。

 

この世にはたくさんのそりゃ数え切れないほどの俳優さん女優さんがいらっしゃるのですが、そんな中でも私が全力で推している俳優さん。それが濱田岳くんです。彼の全てを知ってるわけではないけれど、顔から何から全部好きでずっと応援しています。

f:id:y8krt2896:20171111023653j:image

は〜い!オレ、金ちゃん〜!

そうです、この巷で大人気au CMで欽ちゃん役を演じられてるのが濱田岳くんなのであります。

1988年生まれ、今年で29歳です。9歳の頃から芸能界でお仕事をされているので、芸歴20年!もはやベテランさんなのです。所属事務所はスターダストプロモーション芸能3部です。9歳のある日、東京ドームの野球観戦帰宅時にスカウトされたというエピソード持ち。この辺の話は映画『ヒメアノ〜ル』宣伝の時に森田さんと一緒に出演された『しゃべくり007(2016/5/16)』でもお話されてます。そう、森田さんが3秒で人を好きか嫌いか判断出来るとお話された回です。この回の森田さんの存在感っていったらもう、そりゃあ、ね。(略)

ちなみに、この回では濱田くんも

タチの悪い人見知り、心の扉が二重構造

というとてつもなく闇の深そうな発言をされています。そんな濱田くんですが榮倉奈々さんの鼻の穴に指を突っ込んだりスカートをめくったり、吉高由里子さんが寝ている隙に口に木の枝をくわえさせたり、石橋蓮司さんの背中にガムテープを貼ったりそりゃあもう悪事を働いてる一面もあったりなかったり。

ちなみに、私の界隈ではほとんどの人が知らなかったのですが、ご結婚されていてお子さんもいらっしゃいます。気になる人はググってみて下さい。(打つのが面倒になったなんて言わない。)

 

そこで、今回は、濱田くん出演作品の中から私の勝手なベスト5をこれまた勝手に発表したいと思います!(合わせて原作の紹介も。)

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

 

  2006年公開。濱田岳瑛太のW主演です。

神さま、この話だけは見ないでほしい。

大学入学のために引っ越してきた椎名(濱田岳)が奇妙な隣人河崎(瑛太)に『本屋を襲撃しよう。』と誘われる話です。

これだけだと何言ってんだ?って感じですが、これ以上説明するのが難しい。説明聞くならとりあえず観て下さい。という作品です。原作伊坂幸太郎さんの同名小説。原作ももちろんおすすめです。(原作はシリアスな部分が強めだと思う。)伊坂さんといったら大どんでん返し!この作品でも最後に待っています。コメディの様に感じるけれど、全体の空気がそうさせてくれない所がとても好きです。切なくて悲しくて、でも最後は温かい気持ちになれます。

劇中、重要な意味を持つ曲。濱田くんが口ずさんでるシーンがとても好きです。 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

 

  • 破門 / 螻蛄 (2015 / 2016) 

めっちゃ、イケメンじゃないですか!?この濱田くん!螻蛄の顎くいっ!惚れません!?惚れますよね!?目の保養。最高。

すいません。少し騒ぎすぎました。続いてはこちらの作品です。

スカパー!で2015年、2016年に制作された作品。連ドラなので両シリーズともに全8回。8回ずつ濱田くんを拝めるのです。

原作は黒川博行さんの同名小説。《疫病神シリーズ》として世に放たれております。『破門』は第151直木賞受賞作品です。

この画像を見るだけで「ひ〜っ!殴る蹴る系?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ほぼほぼ正解。コテコテの関西弁から繰り広げられるヤクザのお話です。あ、濱田くんはヤクザ役じゃないです。(でも、半分足突っ込んでる。)ヤクザ役は画像左手、北村一輝さんが演じられています。

あらすじとしては、桑原(北村一輝)と建設コンサルタントの二宮(濱田岳)が殴り殴られ、逃げて追いかけて、お金を儲けたり騙されて取られたりするお話です。「ヤクザものはちょっとなあ…。」と思ってるそこのあなた!くっっっっっそおもしろいです。そして濱田くんが常にイケメンです。騙されたと思って観てみて下さい。TUTAYAで借りれますから。

観に行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?侯くんが出演されたこちらの作品と原作は同じです。ドラマはけっこうシリアスなんですが、映画はコメディ要素が強いので、シリアス苦手って方は映画から入門してみるのもお勧めです。

ちなみに、小説が気になる!という方。先程もお伝えしましたがこちら《疫病神シリーズ》となってまして。『破門』は第5シリーズ、『螻蛄』は第4シリーズとなっています。なので初めから読んでみたい!って方は

疫病神☞国境☞暗礁☞螻蛄(けら)☞破門☞喧嘩(すてごろ)

という順番で読まれることをお勧めします。 (ちなみにドラマ版は一昨目『疫病神』と五作目『破門』をドラマ化しています。)

破門(疫病神シリーズ) DVD-BOX

破門(疫病神シリーズ) DVD-BOX

 

 

螻蛄(疫病神シリーズ) DVD-BOX

螻蛄(疫病神シリーズ) DVD-BOX

 

 

疫病神 (新潮文庫)

疫病神 (新潮文庫)

 

 

  • みなさん、さようなら(2013年) 

濱田くん主演です。主演張ってます。2013年公開。13歳から30歳までを一人で演じます。違和感ゼロ。濱田岳万歳。(バンザイ!)

団地から一歩も出ずに生きる少年(濱田岳)のお話です。団地から出ないって何だよって感じですが、切ない切ないお話なんです。上手く言えないけど余韻が残る作品です。そしてエレカシの音楽が心に沁みる沁みる。泣けます。

 

世界から猫が消えたなら DVD 通常版

世界から猫が消えたなら DVD 通常版

 

 2016年公開。主演は佐藤健さんです。脳腫瘍で余命いくばくもないごく30歳の郵便配達員(佐藤健)の前に悪魔が出現します。悪魔は、彼の身の回りの大切なものと引き換えに一日の命をくれると言います。電話や映画や時計などが消えていく中、彼は初恋の女性(宮崎あおい)と再会し、共に過ごした日々を振り返る。というお話です。

あれ?濱田岳は?どこに出てくんの?

安心してください。ちゃんと出てきますよ。主人公(佐藤健)の友人役で出てきます。レンタルショップでアルバイトをしてるんですが、映画が消えてしまう直前。いつも主人公(佐藤健)にお勧めの映画教えていた友人(濱田岳)が主人公から「最後に見るべき映画教えてよ。」と言われて探すんですけどね。

あいつに映画を選んでやることが俺の役目なのに、見つからない、さっきから探してるのに見つからない

ここの演技が本当に良いです。泣けます。濱田岳万歳。(2回目) このシーンを何度リピートしたことか。この映画、賛否両論あるみたいですが、このシーンだけは譲れません。

こちらも原作が小説です。本屋大賞ノミネート作品です。 

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

 

 

 

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 DVD-BOX

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 DVD-BOX

 

 2015年に第1シーズン。今年新春スペシャルを経て、第2シーズンが4月〜6月で放映されたテレ東の連ドラです。濱田くん主演です。ハマちゃん役全力でやってます。かわいい。かっこいい。最高。万歳。以上。(全然伝わってない。)1話完結型をメインにしてるんですが、どうにもこうにも笑えてしまうトラブルの解決にハマちゃんが全力疾走してます。佐々木課長役の吹越満)さんが良い味出してます。

 

ということで、ここまで長く長くなってしまいました。自分だったらとてもじゃないですけど、途中で読むの辞めます。はい。読んで下さった方、本当に本当にありがとうございます。

この作品以外にもたくさんの作品に出られてます。そりゃもちろん、『ヒメアノ〜ル』とか『軍師官兵衛』とか『永遠の0』とかジャニーズのみなさんともたくさん共演されてます。ちなみにレンタルビデオ店でほぼほぼ借りれます。現在放映中の朝ドラ『わろてんか』にも出演されてますのでぜひ観てくださいね。

そんなこんなで、また次回!ありがとうございました☺︎